2024.04.22

特別展「ロートレックとベル・エポックの巴里-1900年」

ポスターを芸術の域にまで高め後世に多大な影響を与えたトゥールーズ=ロートレックをはじめ、アルフォンス・ミュシャやエドガー・ドガなど、「ベル・エポック(良き時代)」とよばれる19世紀末から20世紀初頭に、世界有数の大都市パリで活躍した画家たちの作品300点超を展示します。

期間:令和6年4月19日(金曜日)~6月9日(日曜日)
時間:午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
場所:大分市美術館企画展示室
観覧料: 一般1,200円(1,000円)、高大生900円(700円)中学生以下は無料
※()内は前売り、20人以上の団体料金 です。
※ 上記観覧料でコレクション展(常設展)も併せてご覧いただけます。
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者1人は無料です。
※ 「大分市美術館年間パスポート」がご利用になれます。

詳しくは、大分市美術館ホームページ「特別展「ロートレックとベル・エポックの巴里-1900年」をご覧ください。